SNS集客術を店舗経営に取り入れる方法

SNSを活用して、ビジネスの好機をうかがうための指南

SNSのメリット・デメリット

昨今において、SNSは我々の中でメデイアの中心を占めてきています。
特に若年層を中心にSNSは、情報ツールとして、非常に重要な役割を果たしています。

しかし、その当たり前になりつつあるSNSはどのような特徴なのでしょうか。
その問いを考えることでSNSの活用法を見つけやすくなります。

SNSは、メデイアの中で、ソーシャルメディアに区分されます。
ソーシャルメディアの最大の特徴は、相互性です。
つまり、発信者が限定されず、誰でも何処でも情報を発信出来、それで一つの社会を形成しています。
それは、19世紀以来のマスメディアやパーソナルメディアとは、極めて異なる社会的地位を成立しつつあります。

それらを踏まえて、SNSにおけるコミュニケーションの在り方の特徴を挙げていきます。

第一の点は、このメデイアが既存の異なる地域やグループ、立場、専門や職種の人々を横断して情報を共有させる可能性を開くことです。
SNSは様々な情報の壁を突き崩します。

第二に、このような情報の横断的な流れによって、我々は以前よりもはるかに迅速且つ的確に状況の変化に対応できるようになっています。
これは、以前よりも流行を生みやすい土壌を生成していることになります。

第三の重要な点は、SNSは、組織ではなく個人レヴェルにおいて形成されてきた背景があるということです。
つまり、自己編集がより活発化し、双方的なコミュニケーションが促進されています。
拡散性の高いSNSは、本来のメデイアとは異なり、全く別のアプローチによるビジネス展開が可能です。
SNSの特徴を押さえて、経営の目的を明確化させましょう。