SNS集客術を店舗経営に取り入れる方法

SNSを活用して、ビジネスの好機をうかがうための指南

SNSの使用目的

経営の目的を考えよう

SNSを利用するには、まず、なぜそれを利用するのか、またはどのような目的で使用するのかを考察する必要があります。
何故なら、闇雲にSNSで発信する、または共有してもらっても目的がなければ何も効果が見込まれないからです。

SNSを活用した経営では、大きく分けて二つの目的に分類されます。
一つ目は、実際の利益は求めずに、まずは店を知ってもらう、またはホームページやブログにアクセスをしてもらうという経営目的です。
つまり、SNSを利用して、実際にお金を生み出すのではなく、知名度や信用を獲得するという考えです。
これは、店舗側からSNSを通じての情報発信やハッシュタグの作成が効果的です。
複数種類のSNSを同時並行して活用し、見せてのブランドを伝えましょう。

金銭を発生させるには

今回は、実際に金銭を発生させるためのSNS活用方法をまとめます。
ただ知ってもらうというのではなく、顧客にお金を出させる行為まで発展させるには、単なる情報発信だけでは達成されません。
顧客にお金を出す価値があるという商品または場所を提供しなければなりません。
まず、一番に考えられることはフォトジェニックを心掛けることです。
写真におさめて、みんなにシェアしたいと思わせる商品開発や店舗内の雰囲気の変更、または独創的な発想から創造された何かを求められます。

顧客に、自分達の強みや特徴を最大限発信すると同時に、他者にも共有してもらえるような価値を提供することが重要です。
自分達の強みをもう一度振り返って、価値を生み出しましょう。


このコラムをシェアする