SNS集客術を店舗経営に取り入れる方法

SNSを活用して、ビジネスの好機をうかがうための指南

SNSの活用方法と注意点

SNSで気を付けたいこと

よく言われることは、SNS集客は短期戦型の戦術です。
SNSで情報を発信及び拡散するためには、一定数のフォロワーが必要となります。
そのために、SNSの導入の初期段階において、フォロワーを獲得するための工夫をしましょう。
目安は、最初の3ヶ月程度です。
3ヶ月を超えてもなかなか成果が出ないと、情報発信側も手応えをえられないままSNS集客への熱が薄れてしまいます。
そうなると、SNS上での拡散の度合いは低くなり、認知に至らないケースもあります。

少なくとも、一日に三回程度は更新することをお勧めします。
複数のSNSの形態を採用し、複合的な情報戦略をとると効果的です。
また、定期のような形ではなく、毎回オリジナルな写真を使用し、新鮮な情報を顧客に提供しましょう。

どのSNSが適しているか

SNSを始めた際に、どのSNSを使用するかは大きな問題です。
SNSそれぞれの特徴を挙げます。

まず、ラインは、日本に於いて、比較的幅広い年代が使用しているため、あらゆる年代を取り込むことが出来ます。
また、メールのような機能が重視されているため、個人間でのメッセージがやりやすいです。
情報発信に適していますが、知名度がないとなかなか普及が難しいです。

フェイスブックは、イベントの企画を告知したり、集客するのにてきしています。
イベントを開く際にはフェイスブックを活用することによって、集客人数も割り出せます。
また、インスタグラムとも連携しているので、フォトジェニックな商品もインスタグラムと並行して活用出来ます。

ツイッターは、非常に拡散性が高いSNSであるため、店舗のブログのハイパーリンクを載せたり、ちょっとした情報発信に向いています。

自分に適したデバイスを使用しましょう。


このコラムをシェアする